ニュースリリース

【就職情報】内定学生からのメッセージを紹介!パタンナーとして内定

今年度も本校の学生たちの日々の努力が実り、多くの学生が様々な企業様から内定をいただいております。
本日は内定をいただいた学生からのメッセージを紹介します。

石橋 菜月さん[ファッションテクニカル専攻科/東京都立 豊多摩高等学校出身]
内定先 クロスプラス 株式会社 パタンナー

就職内定を得た織田ファッション専門学校ファッションデザイン科の石橋さん

―― この職種を選ぶ決め手になったことを教えてください。
趣味や高校の部活動で洋裁や手芸をしていたことがきっかけで専門学校に入学し、入学してからパターン(洋服の型紙)を勉強し始めました。学び続けるうちに、パターンメイキングの奥深さに気づき、一生学び続けられるパタンナーという職種に興味を持ちました。

―― 就職活動で意識したこと、特に力を入れて取り組んだことは何ですか?
自分の強みをわかりやすく伝え、たくさんの就活生の中で自分を覚えてもらうことです。積極的に質問をしたり、丁寧に履歴書を書いたり、「自分が面接官ならどんな人を採用したいと思うか?」を考えて活動していました。

―― これまでの授業やインターンシップで得た経験の中で、就職活動に役立ったと思うことは何ですか?
就職試験でデザイン画試験がありました。元々とても絵を描くことが苦手だったため、スタイル画の授業を受けていなければ試験を通過出来なかったと思います。

―― 学校からの就職サポートで心強かった点は何でしたか?
現役でお仕事をされている卒業生から講話を聞く授業があることです。就職活動のモチベーションが上がり、より就職したあとのイメージが固まりました。私はそのときに来てくださった先輩が働いている会社からインターンシップへお声掛けいただき、直接就職に繋がりました。

―― 学校生活も残りわずかになりました。これから卒業まで力を入れて取り組みたいことは何ですか?
卒業制作となる「ブランディングプロデュース」です。自分らしさのあるブランドを追求しながら、3年間学んできた知識と技術を全て詰め込んだ満足のいく作品を仕上げるために毎日ミシンに向かっています!

――来年4月から、いよいよきもの業界でのキャリアが始まります。これからの目標や抱負を教えてください。
先輩のパタンナーから知識と技術を教えてもらいながら、学校で2年間学んで自分の強みになった3D CADを活かしていきたいと思います。

石橋さん、内定おめでとうございます。
これからの活躍を応援しています!

TOP