寒色?暖色?季節ごとにオススメのファッションカラーは?

季節に合わせたカラーでファッションを楽しむ

おしゃれには欠かせないカラーコーディネートですが、季節によってマッチするカラーはそれぞれ異なります。特に春や秋は暖色がよいのか、それとも寒色にするべきか悩んでしまうことも少なくありません。今回は、寒色や暖色の基本、また季節ごとにオススメなファッションカラーについてご紹介します。

暖色

文字通り暖かそうな印象を与える色のことを暖色と呼びます。代表的な色としては赤やオレンジ、黄色などが挙げられます。これらの色からは暖かそうなイメージはもちろん、情熱的や優しい、柔らかいといった印象を受けます。ウォームカラーと呼ばれることもあります。

寒色

青系の色味を指し、青や緑、青紫などのカラーが該当します。冷たい、涼しげ、クールといった印象を与える色合いです。チョイスするアイテムや組み合わせ次第では、アクティブで明るい印象を与えることもできるでしょう。寒色は冷色と呼ばれることもあり、男性が好んで取り入れることが多いです。

春夏秋冬 それぞれの季節に合うカラーは?


春は新芽が芽吹き、新たな生命の息吹が感じられる季節です。そんなシーズンにピッタリなのはやはり暖色カラーです。ぽかぽかした春にはナチュラルで明るい色味や、淡いパステルカラーがマッチします。トレンドカラーもピンクなどが選ばれることが多くなります。爽やかな雰囲気を演出するために、寒色系アイテムをあえて取り入れることも少なくありません。


暑くて気温の高い夏には、寒色系のカラーコーディネートがオススメです。清涼感や爽やかさを演出できるので、青系の色を中心にしたコーディネートがマッチしやすいでしょう。ボトムスを白いパンツやスカートを水色にする、トップスを白シャツにして、ネイビーのスカートなどと組み合わせるてもよいでしょう。上下ともネイビーやブルーカラーに統一すると、クールでキレイ目な印象を与えることもできます。


秋といえば紅葉の時期なので、赤系の暖色カラーがオススメです。赤やオレンジ、ベージュなどをうまく組み合わせることで、秋らしさをしっかり演出できるでしょう。オレンジは華やかさも演出できる色なので、トレンドを意識したオシャレ女子にもオススメです。洋服だけでなくバッグなどの小物やヘアカラーも暖色系にすればより統一感が出るでしょう。


寒くて気温の低い冬には、ほっこりと暖かそうな見た目の暖色カラーがマッチします。あえて冬に寒色で攻めるのもアリですが、オシャレ初心者だと見るからに寒そうな印象を与えてしまうため、なかなか難しいかもしれません。ブラックのパンツにトップスだけ暖かみのあるブラウンや落ち着いた色味のオレンジにする、赤系のスカートにベージュのトップスを組み合わせてシックな印象にするなど、方法はさまざまです。色だけでなく暖かみのある素材を取り入れるのもよいでしょう。

ファッションはトータルバランスが大切

ファッションコーディネートでもっとも大切なのはトータルバランスといわれています。カラーコーディネートや季節にマッチした色をファッションに取り入れるのも大切ですが、そこばかりに捉われてしまうとトータルバランスが崩れてしまうこともあります。
洋服の色だけでなくアイテムの組み合わせ、ヘアカラーやメイクとのマッチングなども一緒に考えるとよりよいでしょう。またトップスとボトムスの組み合わせは抜群なのに、靴やバッグなど小物との相性が合っていないという場合も少なくありません。ヘアカラーやヘアスタイル、メイク、身につける小物など、全体にも目を向けるようにしましょう。
暖色や寒色の基本、季節ごとにおすすめのカラーについてご紹介してきました。季節にマッチしたカラーをファッションに取り入れることができれば、グンとオシャレ度がアップします。ここで書いたカラーリングやトータルバランスを考えながら、ぜひ自分のファッションを楽しんでみてください。

織田ファッション専門学校では……

織田ファッション専門学校では複数の学生がスタイリスト職の就職内定を得ています。一人ひとりの将来の方向性に沿ったアドバイスをし、夢の実現を強力にサポートしています。

スタイリスト科

スタイリスト科

詳細を見る

Contact Us

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

織田ファッション専門学校
入学相談課

03-3228-2111 受付時間 9:00 – 17:00 よくあるご質問

アクセス

織田ファッション専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-23
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩2分