派手?独特?80年代に流行したファッションの魅力

再注目される人気の80年代ファッション


80年代ファッションが再び注目され、多くのアイテムがリバイバルしていることをご存知でしょうか。今回は、80年代ファッションの特徴と魅力、流行したスタイルをご紹介します。

80年代ファッションの特徴と魅力


ファッションの流行は人気の音楽、芸能人、景気など、その時代の社会情勢と密接に関係しています。

80年代といえば日本はバブル期に突入し、好景気にわいた時代です。若い世代から年配の方まで、お金をかけてファッションを楽しむ人が増えました。 世の中の明るいムードを反映し、派手なカラーや個性的なデザインなど、目を惹くアイテムが多いのが80年代ファッションの魅力です。

また、80年代には「JJ」「cancam」など、平成以降も人気のファッション雑誌が誕生しました。女性の社会進出が進んだことも重なり、70年代よりもレディースファッションが多様化した時代でもあります。


モノトーンスタイル

80年代には、髪色から靴まで全身を黒色で統一したモノトーンスタイルが流行しました。真っ黒な見た目から「カラス族」とも呼ばれ、モノトーンスタイルを好む人々の間では「DCブランド」が大人気に。DCブランドとは「デザイナーズ・キャラクターブランド」を略した言葉で、フォークロア風、ヨーロピアンテイスト、サブカルチャーの影響を受けて誕生したブランドです。

モノトーンスタイルはロング丈のトップスや黒色のジョッパーズパンツ、黒色のアイテム同士を使ったレイヤードスタイルが特徴です。特に若者たちに流行し、当時の渋谷・原宿・銀座はカラス族でにぎわいました。

コンサバスタイル

80年代後半、バブル時代にはバスト、ウエスト、ヒップラインを強調したボディコンと肩パッド入りのジャケットを着用する「コンサバスタイル」が流行しました。 ボディコンのカラーは原色が基本です。黄色やビビッドピンク、赤などの派手なカラーを中心に、ヒョウ柄やゼブラ柄などの目を惹くデザインのボディコンを着用する女性もいました。

華やかなコンサバスタイルには、前髪をカールしたウェービーなロングヘア、太い眉に真っ赤なリップ、足元はピンヒールがマストです。ファーのついた「ジュリ扇」と呼ばれる大きなセンスを持ち、ディスコに出かける女性も。

プレッピースタイル

「プレッピー」とは、アメリカで名門の私立学校に通う両家の学生の俗称です。 ブレザーにジーンズを合わせたスタイルや、ショート丈のボタンダウンシャツ、チェックパンツなど、学生風のファッションを着崩したスタイルを指します。プレッピースタイル自体は60年代から注目されていましたが、80年代に入って本格的に流行しました。 プレッピースタイルを日本風にアレンジしたのが「ジャパニーズ・プレッピー」です。カレッジニットやスポーツブランドのポロシャツを着用した、カジュアルスタイルが人気でした。

ハマトラスタイル

ハマトラとは「横浜トラディショナル」の略で、70年代後半から80年代前半にかけて流行した横浜元町発祥のファッションです。 70年代に神戸発祥の「ニュートラスタイル」が流行し、対抗して生まれたのがハマトラスタイルといわれています。

トレーナーにタータンチェックの巻きスカート、ハイソックスというのがハマトラの定番スタイルです。ニュートラが上品でエレガントなテイストだったのに対して、ハマトラはチャーミングなスタイルが特徴となっています。当時の女子大生に流行し、プレッピースタイルとは一味違った女性らしいお嬢様ファッションです。

織田ファッション専門学校では……

ファッションがもっと好きになるオープンキャンパスを毎月開催!自分だけのファッションアイテムの製作やファッション業界のお仕事体験など、明日からのコーデが楽しくなるイベントに是非お越しください。

オープンキャンパス

開催日程を見る


監修 織田ファッション専門学校 教員

Contact Us

オープンキャンパス参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

織田ファッション専門学校
入学相談課

03-3228-2111 受付時間 9:00 – 17:00 よくあるご質問

アクセス

織田ファッション専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-23
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩2分