生地によって洗濯の仕方や保管方法も違う!?

衣服を大切にするために…

服を洗濯したら縮んでしまったという経験はありませんか?生地の種類によっては、こうしたことが起きやすいものがあります。そこで、今回は生地ごとの特徴や洗濯の仕方、服の保管方法の基本についてご紹介します。大切な服にダメージを与えないよう、しっかり覚えておきましょう。

生地ごとの洗濯方法や、適切な保管方法を知る必要性

まず覚えておきたい点として、衣類は洗濯すると縮んだり伸びたりする性質があることです。そうなるのは生地の特性によるものです。また、大切な衣類にダメージを与えるのは洗濯だけではありません。間違った方法で保管してしまうと、服にシミや虫食いを生じてしまうことがあります。
このようなことを避けるためには、正しい衣類の保管方法をマスターしておく必要があります。

生地ごとの洗濯方法

綿
さまざまな布製品には綿が使用されています。アイテムによってどれくらい綿が使用されているかは異なりますが、綿100%のものはとても滑らかな肌触りです。通気性や吸湿性に優れているため、さまざまなアイテムに使用されていますが、生地が縮みやすい特徴もあるので注意が必要です。
洗い方は、洗濯表示をチェックするのが基本です。タグに洗濯機マークがついていれば、そのまま洗濯機で洗って問題ありません。お気に入りの衣類なので心配という場合は、きちんとたたんだ状態で洗濯ネットを使って洗いましょう。手洗いマークがついているのなら、丁寧に手洗いしてください。


麻は通気性に優れて柔らかな生地ですが、シワになりやすいのが特徴です。そのため、洗濯する際はなるべく短時間でサッと洗うのがポイントです。また、洗濯ネットを使えば、生地同士がこすれることによるダメージも減らせます。脱水の時間も短く設定することで、生地に与える負担を極力少なくできるでしょう。

ナイロン
軽くて丈夫なナイロンは、熱に弱く吸湿性や吸水性が低いのが特徴の合成繊維です。基本的には洗濯表示をチェックし、洗濯機で洗えるならそのまま洗ってください。ただ、熱に弱いため、乾燥機を使うのはNGです。

ポリエステル
アウターやアンダーウェアなどによく使われているポリエステルは合成繊維で、軽量かつ丈夫で、乾かしやすいという特徴があります。洗濯機で洗えるアイテムならそのまま通常のコースで洗ってください。小さな装飾などがついているものについては、洗濯ネットを使えば安心です。

カシミヤ
カシミヤはデリケートな素材なため、クリーニングに出すのが一般的と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、洗濯表示に手洗いマークがついているのなら、自宅での洗濯も可能です。ただし、生地が固くなることがあるので、十分に注意をしてください。水洗い不可のマークがついているなら、自宅で洗うのは諦めて、プロに任せましょう。

カシミヤを手洗いする際は、手早く、短時間で行うようにしましょう。また干す際は、風通しの良い日陰に広げて干すようにしましょう。乾燥機の使用はNGです。

衣類の保管方法

「このアイテムは色のトーンが~」といった会話を耳にすることも少なくありません。トーンとは、ここまでご紹介してきた色相や明度、彩度のうち、明度と彩度で成り立つ要素です。つまり、トーンがマッチしているというのは、色相は違うものの彩度と明度がマッチしているということです。また、トーンは色調とも呼ばれます。
トーンを理解しておくと、色のイメージを伝えやすくなります。自分が持つイメージを「ペールトーン(薄い)」「ダークトーン(暗い)」「ビビッドトーン(冴えた)」といった言葉に置き換えてしっかりと伝えられるので、ファッションアイテム選びも楽になるかもしれません。いくつかの色をひとまとめで表現したいときなども、トーンを理解していればスッキリとまとめやすくなるでしょう。

学び方について

シワができやすいものはできるだけたたまずに保管するのがおすすめです。ただし、しばらく着ないのなら、丁寧にたたんでから適切な場所で保管をしましょう。
どの生地でも、保管前にはきちんと洗濯しておくのが基本です。汗や皮脂などの汚れがついたまま保管してしまうと、シミの原因になります。また、ダニが発生してしまう原因にもなりかねません。 洗濯後は、完全に乾燥させることも大切です。湿気が残っているとシミやダニ、カビなどが発生する原因になるので注意しましょう。
保管場所は、できるだけ湿気の少ないところがベストです。昔から桐のタンスが高価な服をしまうのに用いられているのは、桐の木が吸湿性に優れているからです。今は桐のタンスがある家は少ないですが、除湿剤を使うなどして、保管場所の湿気をなるべく除去することを心がけてください。
生地によって洗う際の注意点が異なるので、しっかり覚えておきましょう。初めて洗うアイテムの場合は、いきなり洗濯機に入れるのではなく、洗濯表示を必ずチェックするようにしてください。 保管をする前には洗濯と乾燥をしっかり行い、除湿に注意することがポイントです。

織田ファッション専門学校では……

マテリアル(素材)の授業が全学科共通であります。服を作るときもコーディネートを考えるときも必要になってくる大切な知識です!

Contact Us

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

織田ファッション専門学校
入学相談課

03-3228-2111 受付時間 9:00 – 17:00 よくあるご質問

アクセス

織田ファッション専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-23
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩2分