ファッションテクニカル専攻科
服飾専門課程 昼間部 1年制

ファッションテクニカル専攻科

実践を通して高度なテクニックを身につけ
あらゆるデザイン・シルエットを表現。

2年間で培ったテクニックを服飾造形(CAD を含む)やパターンメーキング、ドレーピングなどの実践演習を通してさらに高度なものへと発展。さまざまなデザインやシルエットを自在に表現できる知識と応用力を養います。

学びのポイント

企業とのコラボレーション
企業とタイアップして展示会やファッションショーを開催する「産学協同プロジェクト」では、作品製作の上でリーダーシップを発揮。完成度の高い服を仕上げます。就職を見据えた実践的活動の絶好のチャンスです。
企業コラボレーション企画
よりハイレベルな服飾造形技術を養う
2年次までに習得した製作技術をより高度なレベルまで発展させるため、ベルベットや皮革等の特殊素材を用いた服飾造形に取り組み、現場で必要な応用力を養います。
ハイレベルな服飾技術
思い通りにCADをこなせる技術を習得
2年次までに身につけたCAD技術を発展させ、自分の手のようにCADを用いてパターンメイクやグレーディングができるレベルを目指します。
高度なCAD技術を習得

進学の流れ

ftsencoursesp2013ファッションテクニカル科ファッションテクニカル専攻科

在校生VOICE

日々の頑張りで
夢が叶いました

藤本 果歩[ 岡山県立岡山南高等学校出身 ]
好きなブランドのパタンナー職の内定をいただくことができました。
また、学内コンクールの一次審査も通過し、今は二次の実物作品審査に向けて全力を尽くしています。
毎日休まず、自分なりに頑張って学んできたことがこのような結果につながっていると感じ、とても嬉しいです。
また、学校生活で競い、励まし合った仲間の存在は、卒業しても同じ分野で頑張る仲間として支えになると思います。
藤本果歩