織田ファッション専門学校 >  学生生活 >  在校生VOICE > スタイリスト科

検索結果

スタイリスト科学生の1日

体験入学での印象が
入学の決め手でした


スタイリスト科1年 荻野 直希
[ 東京都立中野工業高等学校 ]


僕が織田ファッション専門学校への入学を決めたのは体験入学での印象です。
先生方や実習を手伝ってくれた在校生の方々の丁寧た指導と、気さくに話しかけてくださったフレンドリーな雰囲気を感じ、入学したら充実した学生生活を送れるんじゃないかと思いました。
また、クラスが少人数なので、もし何か分からないことがあった時も、しっかり教えてもらうことがてきるんじゃないかと思ったからです。
荻野直希
荻野直希さんの1日を紹介
8:40  登校
家からはJR中央線で1本。
中野駅から校舎までも近いので、とても便利です。
少し早めに登校して、授業の準備をしています。
荻野登校
9:00  1時限目
【アパレルデザイン工学演習】
スタイリストでも縫う知識・技術は必要!
今日はシャツのボタン付け練習です。
洋裁が苦手な僕も頑張っています。
荻野1限
10:40  2時限目
【コーディネート】
スタイリングのポイントや色や素材の組み合わせ方など、コーディネートと言っても色々あります。
難しい・・・けど楽しい♪
荻野2限
12:10  昼休み
昼食は家から弁当を持ってくることが多いですが、近くのスーパーに買いに行くこともあります。
いつもみんなで楽しくご飯を食べています♪
荻野ランチ
13:00  3時限目
【マーケティング】
モノを売る人・モノを買う人...色々な立場でモノが売れる仕組みを勉強します。
今まで知らなかったことが分かるのでとても楽しいです☆
荻野3限
14:30  放課後
今日は3限で授業が終わり☆
でもすぐには帰らず、教室に残って課題をやったり友達と話していると、時間があっという間に過ぎてしまいます。
荻野放課後
15:30  下校
4限
の日だと帰りはいつも17時位になりますが、今日は少し早く下校です。
学校帰りに時間がある時は、友達と中野で遊んだり、新宿や原宿・渋谷に洋服を見に行ったりすることもあります。

荻野下校