2019/04/18

ファッション学生にインタビュー!

“東京に行きたい”から、“東京でファッションを学びたい”に



中村 由美香 さん

[兵庫県立 舞子高等学校出身]
ファッションビジネス科2年生

2019年4月18日(木)に行われたインタビューです。


「ナチュラルやカジュアルなファッションが好き。イヤリングは外せない!」

―― どんな系統のファッションが好きですか?

中村 ナチュラル?カジュアル?みたいな感じがすきです(笑)好きなブランドでいうと、who's who Chicoとmysticですね。

―― 今お気に入りのアイテムは?

中村 最近はスカートにすごくハマっています!もともとは全然スカートとか履かなかったんですけど、ロング丈とかマーメイドシルエットのやつとか…いろんなところに売っていて迷っちゃいます。


―― 今日のファッションポイントは?

中村 腰に巻いたヒョウ柄のスカーフです。わかりやすくポイントにしてきてみました(笑)あとイヤリングも!イヤリングが好きでたくさん持っていて。持ちすぎてピアスの穴を開けるタイミングを逃したくらい(笑)今日着けてるのは、帰省したときに買いました。イヤリングは絶対にコーデに取り入れてます!

―― 服を買いによく行く場所はどこですか?

中村 新宿のルミネに行くことが多いです。あとは中野の隣にある高円寺に古着屋さんがたくさんあるので、そこに行ったりもしますね。下北とかもたまに行きます。

「“東京に行きたい”から、“東京でファッションを学びたい”に」

―― ファッションの学校に行きたいと思ったきっかけは?

中村 わたしの場合、小さい頃からファッションの仕事をしたいって夢を持っていたわけじゃなくて。ファッションの学校があること自体も、高校2年生の頃に友達が「服飾の学校に行きたい」って言ってるのを聞いて、はじめて知ったくらい(笑)。でも、自分で調べていくうちに興味を持ち始めて。もともと“東京に行きたい”って気持ちはあったから、東京に行くならファッションの学校に行きたいなって思うようになりました。


―― じゃあ、地元から東京に出てくることにあまり抵抗はなかった?

中村 そうですね。抵抗はなかったです。ただ、出てくるときにはやっぱり寂しさもありました。

「座学だけじゃなくて、実習の授業もあります!」

―― 授業ではどんなことを学んでいますか?

中村 ファッションビジネスです!「自分のブランドを作るとしたら…」ってテーマで課題が出ましたね。座学だけじゃなくスタイル画を書いたり、服飾の授業ではいろんな服を作ったりします。


―― 学校生活はどうでしょう?

中村 先生との距離が近くて何でも聞けるのが安心なことと、友達も同じような目標や気持ちを持っている人が多くて、似てる部分が多いです。なので、毎日がすごく楽しいです!


「販売員を経験してプレスになりたい」

―― 将来の夢は何ですか?

中村 将来的にはプレスになるのが夢です。今、接客のアルバイトをしていて、お客さんと話すことも好きなので、それまでに販売員を経験したいですね。



別の記事を読む

 

 

Contact Us

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

織田ファッション専門学校
入学相談課

03-3228-2111 受付時間 9:00 – 17:00 よくあるご質問

アクセス

織田ファッション専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-23
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩2分