ガウチョ?バギー?ワイドパンツの種類

ワイドパンツの魅力を伝えたい


様々なジャンルのコーディネートで活躍するワイドパンツ。幅が広く、ゆったりとしたボトムスです。でも、一口にワイドパンツといってもガウチョやバギーなどいくつかの呼び方があります。これらにはどのような違いがあるのでしょうか。そこで今回はワイドパンツの魅力と種類、ワイドパンツによく使われる素材についてご紹介します。

体型カバーをしてくれる

ワイドパンツは脚が太く見えると思われがちですが、実は脚のラインがしっかり出ないため、下半身が気になる方におすすめのアイテムです。ただし、ボリュームのあるトップスを合わせるとふくよかに見えることもあります。

脚長効果

少し細めのワイドパンツやハイウエストのワイドパンツを選ぶと、脚長効果が期待できます。また、ストライプ柄で縦ラインを強調したり、細いヒールのパンプスと合わせたりすると、細魅せ効果があります。

長時間快適に過ごせる

ワイドパンツはウエストがゴムになっているものも多く、長時間快適に履くことができます。また、寒い時期はレギンスやタイツを重ねてもラインに響かず、暑い時期は肌との密着が少ないため、普通のパンツよりもストレスなく過ごせます。

ワイドパンツの種類


ガウチョパンツ
大きく広がった裾が特徴的なパンツ。ひざ丈~七分丈のものが多いですが、くるぶしが隠れる丈のものも人気です。南米で牧畜を行うカウボーイ「ガウチョ(gaucho)」がはいていたことから、ガウチョパンツと呼ばれるようになりました。ゆったりしていてはきやすく、きれいめなトップスと合わせれば、上品に見せられる万能アイテムです。

バギーパンツ
バギーパンツは袋のようにゆったりとした、腰から裾までのストレートラインが特徴的なパンツのことです。お尻や太もも周りの体型カバーができ、ハイウエストなものが多いため脚長効果も狙えます。トップスはスッキリとしたものにしてバランスを上手にとりましょう。

スカーチョ
スカーチョはまるでスカートをはいているかのように見える、ガウチョパンツのことです。丈は七分丈のものが多く、裾がフレアになっているものは、ガウチョパンツよりも女性らしさが演出できます。かわいらしいコーディネートをしたいときにおすすめのアイテムです。

スカンツ
スカンツはスカート+ワイドパンツのこと。スカーチョと一見似ていますが、スカンツの方が丈が長く、足首ぐらいまであるのが特徴です。脚の露出を避けつつ、アクティブに活動したいときにぴったりです。

ワイドパンツによく使われる素材


ワイドパンツは種類だけでなく、素材によっても印象が変わります。ワイドパンツによく使用される素材をご紹介します。

チノクロス
いわゆる「チノパン」に用いられている素材で、肌触りや着心地が良く、丈夫さも魅力です。さまざまなトップスと合わせやすく、通年使うことができるため、1本持っておくととても便利です。

デニム
デニム素材のワイドパンツは、一年中活躍できるすぐれた素材です。丈やシルエットを変えるだけで印象が異なるので、自分のスタイルに合ったお気に入りのものを探しましょう。

ベロア
なめらかで光沢があるベロア素材は、秋冬にトレンドになることが多いですが、カラーを変えれば一年中使える素材です。ベロア生地は主張が強いためコーディネートする際は、なるべくシンプルなトップスと合わせましょう。また、細めのヒールと合わせれば、上品な大人コーデになります。

ぜひ、自分のスタイルに合う、お気に入りのワイドパンツを見つけてファッションを楽しみましょう。

織田ファッション専門学校では……

ファッションがもっと好きになるオープンキャンパスを毎月開催!自分だけのファッションアイテムの製作やファッション業界のお仕事体験など、明日からのコーデが楽しくなるイベントに是非お越しください。

オープンキャンパス

開催日程を見る


監修 織田ファッション専門学校 教員

Contact Us

オープンキャンパス参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

織田ファッション専門学校
入学相談課

03-3228-2111 受付時間 9:00 – 17:00 よくあるご質問

アクセス

織田ファッション専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-32-23
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩2分