海外研修・留学制度

パリ留学制度

ファッションの本場パリ、留学提携の姉妹校で学ぶチャンスはあなたにも
パリにある「エコール・ド・ラ・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ校」は、オートクチュール技術に関する世界最高峰の教育機関。近年は時代の流れを組み、新しいカリキュラムも積極的に取り入れている。イヴ・サンローランやアンドレ・クレージュ・日本の三宅一生らを育てたこの学校と織田学園は姉妹校。姉妹校ならではの交流が多々あり、あなたにも体験遊学や留学など、パリで学ぶチャンスが待っています。
パリ留学制度

体験入学・留学特典

「エコール・ド・ラ・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ校」は1931年に設立された、パリで最も歴史のある服飾学校です。
織田学園は同校と1983年から姉妹校として交流を始めていますが、本校生はヨーロッパ研修の際に、「体験入学」の形で見学することができます。パリで活躍中のデザイナーの講義や、校長自ら行う立体裁断など、ふつうなら体験できないファッションに関するさまざまなレクチャーを受けることができるのです。
また留学を希望する場合、本校の専攻科卒業生は、正規の3年生として、この姉妹校に優先留学することができます。
体験入学・留学特典

エコールド・パリジェンヌ賞 特待生(授業料免除)

織田学園で開催されるコンクールは、この姉妹校と共催です。優秀作品に「エコールドパリジェンヌ賞」が授与されると同時に、同校の特待生として1年間パリで学ぶ特権が与えられます。校長は来日した際、各教室を回っての直接指導、教員とのミーティングなど、積極的に交流されています。時間をフルに使っての暖かい指導から得られる物は多大で、その国際交流に傾ける情熱は大変大きなものがあります。
エコールド・パリジェンヌ賞

先輩からのメッセージ

感性を磨くのに最高の環境がある
堀江 洋一 1996 年ファッションデザイン専攻科卒業 [東京都 狛江高等学校出身]
SHARON WAUCHOB LTD デザイナー

織田卒業と同時に、特待生としてパリの姉妹校へ1年間留学しました。それから15 年経つ今もパリに住み、「SHARON WAUCHOB」というイギリスブランドの仕事をしています。デザイナーとしてだけでなく、生産、コレクション、PRなどブランド運営に必要な作業をマネージメントするのが私の役割。合間にギャラリーやバレエに足を運び、感性を磨くことも忘れません。文化の塊でもあるこの街でファッションの仕事ができていることは、とても幸せです。
先輩からのメッセージ

ミラノ研修制度

4 週間で「職人」レベルに達することが目標
ファッションテクニカル専攻科学生のためのミラノ研修

ファッションテクニカル専攻科の学生を対象に、ミラノ在住の佐藤慎権氏が集中セミナーを実施。佐藤氏は、プラダ、アルマーニ、サンローランのパターンを請け負う世界トップレベルのパタンナー。その人が作ったアイテムごとのパターンを用い、技術を磨きます。この研修を、本校では正規の単位として認定。さらに、セミナーを受講した学生の中で希望者は、佐藤氏のアトリエで1 カ月間の研修を受けることも可能。毛皮工場の見学など、現地でしかできない体験も盛りだくさんです。
ミラノ研修制度