織田ファッション専門学校 >  学科・実習 >  服飾専門課程 > ファッションテクニカル専攻科

検索結果

ファッションテクニカル専攻科

2年間で培ったテクニックを服飾造形(CAD を含む)やパターンメーキング、ドレーピングなどの実践演習を通してさらに高度なものへと発展。さまざまなデザインやシルエットを自在に表現できる知識と応用力を養います。

学びのポイント

企業とのコラボレーション
企業とタイアップして展示会やファッションショーを開催する「産学協同プロジェクト」では、作品製作の上でリーダーシップを発揮。完成度の高い服を仕上げます。就職を見据えた実践的活動の絶好のチャンスです。
企業コラボレーション企画
よりハイレベルな服飾造形技術を養う
2年次までに習得した製作技術をより高度なレベルまで発展させるため、ベルベットや皮革等の特殊素材を用いた服飾造形に取り組み、現場で必要な応用力を養います。
ハイレベルな服飾技術
思い通りにCADをこなせる技術を習得
2年次までに身につけたCAD技術を発展させ、自分の手のようにCADを用いてパターンメイクやグレーディングができるレベルを目指します。
高度なCAD技術を習得

2年間の学び

創作の幅を広げるとともに実習を通し、ビジネス感覚を育てる

素材を活かすことを狙いとしたデザイン発想による創作や、工業用のパターン作成などにも取り組みます。また、外部コンクールにも積極的に参加し、実践の場に対応できる応用力を高めていきます。
ファッションテクニカル専攻科1年次
■ 履修科目[時間]:計1216
服飾造形 (パターンメーキング・ドレーピング含む)/メンズ縫製/スタイル画/マテリアル/コンピュータ(CAD)/特別講義 /span>

■ 主な製作作品
就職活動作品/販売作品A・B /ショー作品(皮革 他)/リバーシブル作品/企画作品/自由作品/薄物/ベルベット作品/メンズジャケット
時間割り例[平成24年度例]
 
MON
TUE
WED
THU
FRI
1
パターン
メーキング
特別講義
メンズ縫製/
服飾造形
服飾造形
CAD
2
パターン
メーキング
服飾造形
メンズ縫製/
服飾造形
マテリアル
CAD
3
パターン
メーキング
スタイル画
クリエーション/
服飾造形
服飾造形
服飾造形
4
パターン
メーキング
 
合 同
服飾造形
服飾造形
*時間割は予定であり、変更する場合があります。

主な履修内容

CAD

アパターンメーキングを具現化する手法として、コンピューターを使用します。アパレルCAD理論と演習を学び、作業の迅速化を図ります。

ドレーピング

モデリストとしてバランス原型から新しいシルエットの展開、素材とパターンの関係をボディを使用して立体的にとらえる手法を学びます。

進学の流れ

ftsencourse2013 ファッションテクニカル科 ファッションテクニカル専攻科

在校生VOICE

日々の頑張りで
夢が叶いました

藤本 果歩[ 岡山県立岡山南高等学校出身 ]
好きなブランドのパタンナー職の内定をいただくことができました。
また、学内コンクールの一次審査も通過し、今は二次の実物作品審査に向けて全力を尽くしています。
毎日休まず、自分なりに頑張って学んできたことがこのような結果につながっていると感じ、とても嬉しいです。
また、学校生活で競い、励まし合った仲間の存在は、卒業しても同じ分野で頑張る仲間として支えになると思います。
藤本果歩